2024年03月

    nigirizushi_moriawase
    1: まとめさん 2024/03/28(木) 06:50:11.09 ID:+ByuxVeX0● BE:837857943-PLT(17930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_utyuu.gif
    リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、「邪道だとは思うけど好きな『寿司ネタ』」について、
    全国の20代~60代の男女にインターネットリサーチによるアンケート調査を実施しました。
    王道の寿司ネタとは違う、でもおいしい、と支持を集めたのはどのネタなのでしょうか? さっそく結果を見てみましょう。
    (出典元:カルビ寿司、エビ天寿司…「邪道」と言われた時代はもう古い!好きな変化球寿司ネタランキング発表! 1位は「サーモンマヨ」)

    第1位:サーモンマヨ
    第1位は「サーモンマヨ」。マヨネーズを使ったネタが、ワンツーフィニッシュを飾る結果となりました。
    サーモンは若い世代を中心に人気のネタですが、それを使ったアレンジメニューも、TOP10のうち2つがランクインしています。
    脂の乗ったサーモンを、さらにコクのある味わいにしてくれるマヨネーズとの組み合わせ。29.0%という高い得票率から、
    その人気っぷりがうかがえます。

    第2位:えびマヨ
    第2位は「えびマヨ」でした。女性やお子様に人気のネタのひとつですよね。
    おにぎりなどでも人気の組み合わせが、ここにもランクイン。プリッとしたえびに、マヨネーズがまったりと絡む、相性のよい組み合わせですよね。
    マヨネーズの酸味と酢飯との相性が良いのか、TOP10のうち、マヨネーズが使われたネタが4つもランクインするという結果となりました。
    「寿司にマヨネーズは邪道」と思われることも多そうですが、同時においしいと支持を集めていることがうかがえます。

    第3位:えびアボカド
    第4位:サーモンアボカド
    第5位:エビ天
    第6位:牛カルビ
    第7位:まぐろたたきユッケ軍艦
    第8位:イカ天
    第9位:マヨコーン
    第10位:ツナコーン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/43f12db86738b8fda351a29da6c74a285ce14ab9

    【「邪道だとは思うけど好きな『寿司ネタ』」ランキング! 第2位は「えびマヨ」、1位は「サーモンマヨ」】の続きを読む

    bluebird_fired_text
    1: まとめさん 2024/03/28(木) 07:35:09.50 ID:NOyDpzBf9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c649cd28b4744f466fe285e9f20a1777dd6c72ac
     米南部フロリダ州で25日、14歳未満のソーシャルメディアの利用を禁止する州法が成立した。
    14~15歳も利用には保護者の許可を必要とする。
    州法制定を主導した共和党のレナー州下院議長は
    「ソーシャルメディアでは性犯罪者が子供を狙っており、危険なメディアに触れることが、うつや自傷行為、自殺につながる。
    フロリダは子供を守る道を先導する」と意義を強調した。

    米メディアによると、西部ユタ州や南部アーカンソー州、中西部オハイオ州などでも、子供が保護者の同意なしにソーシャルメディアを利用することを禁止する州法があるが、
    14歳未満の利用を一律禁止したフロリダ州法は「米国で最も厳しい規制」(AP通信)と報じられている。
    ただ、ソーシャルメディアの運営企業などは「インターネットの利用に身分確認を求めるような規制は、言論活動の自由の侵害になる」と主張しており、
    今後、裁判に発展する可能性が高い。

    米メディアの報道では、25日に成立したフロリダ州法は、ソーシャルメディアの運営者に対して、
    14歳未満の利用者のアカウント作成禁止や既存アカウントの停止を義務づけた。
    14~15歳の既存アカウントの維持にも保護者の同意を求める。

    成人向けのコンテンツにアクセスする場合、年齢確認のために第三者による認証システムを利用する措置も義務づけた。
    違反企業が民事で訴えられた場合、最高5万ドル(約755万円)の損害賠償を求められる可能性がある。

    規制対象になるソーシャルメディアやウェブサイトは「16歳未満の利用者の10%以上が、1日平均2時間以上利用している」という条件がついており、子供の「中毒性」が高いものに限られる。
    子供に人気の動画投稿アプリ「TikTok」(ティックトック)や写真・動画共有アプリ「スナップチャット」が規制対象にされるとの見方がある一方、
    X(ツイッター)やフェイスブックが含まれるかどうかは不明だ。

    フロリダ州議会は当初、16歳未満の利用を禁止する法案を可決していたが、デサンティス州知事(共和党)が「親が選ぶ権利を制限することになる」として拒否権を行使。
    14~15歳については保護者の許可があれば、利用できるように法案を修正し、デサンティス氏が25日に法案に署名して成立した。

    【米フロリダ州、14歳未満のSNS禁止 国内で最も厳格な州法か [ごまカンパチ★]】の続きを読む

    GOOD_MORNING_Ramenshop_(Tsubaki-syokudo)
    1: まとめさん 2024/03/28(木) 07:32:26.46 ID:+ByuxVeX0● BE:837857943-PLT(17930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_utyuu.gif
    さまざまな町に同じ味のお店があり、外出先でも安心しておいしいラーメンを食べることができるチェーン店。店によるこだわりや
    限定メニューなども、醍醐味(だいごみ)の一つですよね。誰しも好みのラーメンチェーンがあるのではないでしょうか。
    そこで、今回は「あなたが好きなラーメンチェーンは?」というテーマについて考えてみましょう。

    それでは全国のラーメンチェーンから3つをピックアップして紹介します。

    ●一蘭
    「天然とんこつラーメン専門店」を掲げる「一蘭」。1993年に第1号店・那の川店の開店を皮切りに、全国展開しているラーメンチェーン店です。
    一人ひとりがラーメンと向き合えるブースで食べるスタイルが特徴のお店。濃厚な豚骨スープに博多ラーメンの流れをくむ細い麺が絡み、
    赤いタレのアクセントが癖になります!

    ●天下一品
    1975年に店舗を構えた「天下一品」(通称、天一)は、ポタージュのようにドロドロとした「こってり」が特徴のラーメンチェーンです。
    「こってり」が代表メニューですが、比較的に濃厚さが抑えられている「あっさり」もおいしいですよね。

    ●ラーメン二郎
    1968年から、豚骨ベースの野菜たっぷりのしょうゆラーメンを提供している「ラーメン二郎」。根強いファンが多く、熱狂的なファンは
    ジロリアンと呼ばれています。「二郎インスパイア」と呼ばれる店が増え、「二郎系ラーメン」と呼ばれるジャンルを確立しました。
    とにかく量が多いので、初めて食べる人は少なめの方がいいかもしれません。注文の手順も予習しておくのがいいでしょう。

    ●あなたが好きな「ラーメンチェーン」は?
    3つのラーメンチェーンをピックアップして紹介しました。あなたの好きなラーメンチェーンは何ですか?

    投票所
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5d309483807d00afe1e9970280e418ddd207937f

    【「ラーメンチェーン」であなたが好きなのは?今現在の1位は「ラーメンショップ」 お前らも投票しる!】の続きを読む

    Xi_Jinping_with_Macron_and_Von_der_Leyen_2023
    1: まとめさん 2024/03/27(水) 08:00:52.28 ID:/1slKtwt9
     「セレブの街」として知られる東京・六本木。3月中旬、ある中年の中国人夫妻が来日し、東京メトロ六本木駅(港区)から、ほど近いタワーマンションを内見に訪れた。2LDKの部屋の販売価格は2億円を超える。

     「東京の中でも一等地だし、にぎやかなのがいい。高級感もある」。普段は上海に住む夫妻は、中層階の窓から東京都心のビル群を眺めながら中国語で語り、満足そうな表情を浮かべた。この日、夫妻は東京都内で計5物件のタワマンを見て回った。

     主に中国人向けの不動産売買を手掛ける仲介会社「Worth Land(ワースランド)」(東京都台東区)には、日本の物件を買い求める中国人客が急増している。

     中国籍の社長、杉原尋海さん(32)によると、会社はコロナ禍中の2020年11月に設立。当初は売り上げが伸びなかったが、昨年8月、中国人の日本への団体旅行が解禁されると「フェーズ(局面)が変わった」。購入希望者が殺到し始め、最近では販売仲介の歩合で月収700万円を稼ぐ社員もいるという。

     中国では金融商品を巡る詐欺事件が少なくなく、不動産は「安全資産」とみなされてきた。

    <主な内容>(略)

     「日本は黄金の10年」「新高級エリアの代表格」。中国本土や香港など中華圏の投資家が集まる交流サイトや不動産関連サイトには、こんなうたい文句が並ぶ。

     東京都心のタワマンへの投資は中国人富裕層の間でブームになり、港区や渋谷区などのエリアは「一等地」として人気が集中。次いで中央区や江東区などの湾岸エリアに注目…(以下有料版で,残り2835文字)

    毎日新聞 2024/3/26 16:51(最終更新 3/26 16:51)
    https://mainichi.jp/articles/20240325/k00/00m/020/054000c

    【中国人富裕層、東京のタワマン爆買い 消えた「予算100億円」の人物 [蚤の市★]】の続きを読む

    このページのトップヘ