2024年02月

    1: まとめさん 2024/02/22(木) 12:08:19.35 ID:/s6w0RTC9
    松本人志「週刊文春」への“5億5000万円”訴状を公開〈A子さんへの取材は3年半前から〉弘中弁護士、伊藤詩織さんの代理人が争点を解説する

    〈1 被告らは、原告に対し、連帯して金550,000,000円及びこれに対する令和5年12月26日から支払済みまで年3分の割合による金員を支払え〉

    〈2 被告株式会社文藝春秋は、原告に対し、別紙1記載の謝罪広告を同別紙1記載の掲載要領の条件により被告株式会社文藝春秋が発行する週刊文春に1回記載せよ〉

     こうした書き出しで始まる訴状が、東京地方裁判所から「週刊文春」編集部に送られてきたのは2月15日の午前11時のこと。原告は言うまでもなく「ダウンタウン」の松本人志(60)である。

    松本側が主張する名誉毀損の3つのポイント

     訴状は全13ページからなり、松本側は、昨年12月27日発売号に掲載された「松本人志と恐怖の一夜『俺の子ども産めや!』」と題した記事によって名誉を毀損されたと主張。5億5000万円の損害賠償に加えて、文字の大きさやフォントまで指定した謝罪広告の掲載を求めている。

     松本側が主張する名誉毀損のポイントは大きく分けて3つ。まず、記事中に登場するA子さんの発言部分やそれに関連する6カ所の記述だ。訴状にはこう書かれている。

    〈A子記述部分の記述は、A子の“体験”として、原告から、「いきなりキスされ」そうになったこと、「またキスされそうになったので、しゃがんで抵抗したところ、足を固定されて3点止めの状態にされ」たこと(略)等を記述することにより、一般読者に対し、原告が、明らかにA子の意思に反して、「無理やり」性的行為に及んだとの事実を認識させるものである〉

     そして、2つ目が同じく記事中に登場するB子さんの4カ所の発言部分と関連記述。3つ目は、松本への直撃取材の内容について書かれた2カ所の記述である。

    松本側の主張「原告の名誉を毀損するものであることは明らか」

     こうした計12カ所の記述に対し、松本側はこう主張している。

    〈「性的行為を強要した」というレッテルが貼られてしまえば、芸能活動を行う原告の社会的評価を著しく低下させる〉

    〈ましてや、それが複数の女性に対し行われていたかの如き記述は、原告の芸能活動に致命的な負の影響を与えることにより、社会的評価を低下させることは言うまでもなく、原告の名誉を毀損するものであることは明らかである〉

     その上で精神的損害を受けたとして5億円の慰謝料と5000万円の弁護士費用を請求し、小誌の記事をこう結論づけているのだ。

    〈本件記事は、原告がA子及びB子に対し性的行為を強要したという客観的証拠は存在しないにもかかわらず、一方的な供述だけを取り上げて記事として掲載するという、極めて杜撰な取材活動に基づくものである〉

     2月21日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および22日(木)発売の「週刊文春」では、「松本人志5.5億円訴訟」について特集する。

     A4用紙13枚におよぶ訴状の内容を詳しく紹介し、「週刊文春」を訴えた経験もある弘中惇一郎弁護士や、伊藤詩織さんの代理人・佃克彦弁護士が訴状のポイントを解説する。またA子さん、B子さんが訴状を読んだ感想、3年半前からスタートした「週刊文春」の取材経緯、編集部の主張も掲載している。

    https://bunshun.jp/articles/-/69097
    no title


    ★1: 2024/02/21(水) 12:03:16.39
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1708533485/

    【【文春】松本人志「週刊文春」への“5億5000万円”訴状を公開〈A子さんへの取材は3年半前から〉★7 [Ailuropoda melanoleuca★]】の続きを読む

    このページのトップヘ